【SALE/57%OFF】 高精細 Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用 350円 [高精細]Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用 おもちゃ、ゲーム 鉄道模型 Nゲージ ストラクチャー おもちゃ、ゲーム , 鉄道模型 , Nゲージ , ストラクチャー,/dacryadenalgia98982.html,350円,[高精細]Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用,marlies-flaig.net 【SALE/57%OFF】 高精細 Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用 350円 [高精細]Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用 おもちゃ、ゲーム 鉄道模型 Nゲージ ストラクチャー おもちゃ、ゲーム , 鉄道模型 , Nゲージ , ストラクチャー,/dacryadenalgia98982.html,350円,[高精細]Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用,marlies-flaig.net

SALE 57%OFF 高精細 【35%OFF】 Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用

[高精細]Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用

350円

[高精細]Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用

当オークションをご覧頂き、誠にありがとうございます。

☆★多数商品出品中★☆
※自己紹介欄も必ず合わせてお読みください。

こちらは
Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用セットです。

☆素材:ペーパークラフトにも使用できるEPSONフォトマット紙のA4サイズです。
☆踏切のコンクリート製の踏板部分及び踏切アプローチ道路を2種類再現いたしました。
複線間隔が33mmのものにお使いいただけます。(複々線まで対応)
☆2車線と4車線の中規模な踏切をモチーフにいたしました。
☆レール間にはレール間用のコンクリート製踏板を、軌道間には軌道間用のコンクリート製踏板を適宜切り出してお使いください。また、補強には薄手のプラ板をご使用ください。
☆他の素材との接着は両面テープをご利用ください。
☆写真の各1枚ずつのセットになります。
☆サイズ
レール間用踏板の幅 約8mm
軌道間用踏板の幅 約24mm
2車線用道路幅 約23mm
4車線用道路幅  約89mm
(うち歩行者通行帯及び歩道の幅9mm)
※車輪に接触しないよう現物合わせで調整してください。

※ご注意
・材質が紙ですので、多量の糊・接着剤等をご使用されますと、シートが波打ち及びふやける場合がございます。
・溶剤系の接着剤をご使用の場合、印刷の色がにじむことがございます。
・写真と実際の色調が異なる場合がございます。予めご了承ください。
・お客様のご使用環境等によっては、シートの退色や変色等が生じる恐れがございます。
・商品到着後の商品の初期不良以外でのクレーム及び、配送に起因するトラブルには一切お受けできませんのでご了承ください。
・インクジェット印刷のため、高温多湿を避けて保管してください。
・商品の製作及び取り扱いには細心の注意を払っております。
・個人の製作品になりますので、ご了承の上ご入札ください。

◎発送方法
レターパックライト/送料370円☆推奨
レターパックプラス/送料520円
ゆうパケット(おてがる版)/ 送料210円

◎発送の際、商品名は[写真]としてお送りいたします。ゆうパケットの場合、配送途中で商品が曲がってしまう恐れがございます。予めご了承ください。

以上、ノークレームノーリターンにてよろしくお願いいたします。
親切・丁寧な梱包、発送を心がけております。
※梱包材は新品を使用いたしております。



Nゲージ シーナリー 踏み切り ジオラマ





[高精細]Nゲージ用 コンクリート製踏切シート 複線間隔33mm用

私たちについてABOUT US

個と組織を生かす

リクルートマネジメントソリューションズは
企業における重要な経営資源である
「個と組織」に焦点をあて
人材採用・人材開発・制度構築・組織開発を
支援します。

人材採用
採用活動の精度向上と
効率化を支援することで、
組織の求める人材の獲得・
定着に貢献します。
人材開発
組織の期待に応える人材の
育成を支援することで、
戦略や事業の推進に
貢献します。
組織開発
組織の活性化を支援し、
相乗効果を高めることで、
戦略や事業の推進に
貢献します。
制度構築
成長と変化を促進する制度や
仕組みを構築することで、
戦略や事業の推進に
貢献します。

サービスSERVICE

コラムCOLUMN

企業事例

マネジメント/リーダーシップ 

実践と受講者同志の交流に重点を置く管理職研修 オカムラ

学びの日常化と最大化を目指す分散型研修の実際

プレスリリース・お知らせINFORMATION